HOME>イチオシ情報>子供を授かる確率を上げられる方法があります
喪服の男女

実質的に年齢制限があります

卵子提供を受けられる年齢は、実質的に上限があり、その上限は各医療機関により異なりますが50歳程度になります。これは、高齢出産になると妊娠高血圧症候群や産科出血などの、出産に伴うトラブルが起きやすくなってしまうと言うことが理由です。卵子の提供を受けて出産する前に、まずパートナーとの性行為により、自然に妊娠するのかを試すことになりますが時間がかかります。また実際に提供を受けるとなると、卵子を提供してくれる人探しから卵子提供を実施する医療機関探しなどのため、さらに時間が必要となります。そのため、自分の年齢が比較的高い場合に卵子提供を受けようと考えているなら、早めに行動をした方がいいと言えるでしょう。

海外でも提供を受けられます

日本国内で卵子提供を受けることは、卵子提供者や実施できる医療機関の少なくいこともあって、中々難しいのが現状です。ただ、アメリカやタイなどの国でも卵子提供を受けることができ、海外で提供を受けている日本人も実際にいます。正直日本では、卵子提供を受けるための法律や制度がまだ十分に整っていないので、海外で提供を受けると言う選択は魅力があります。海外では、日本と同じかそれ以上に安全に卵子の提供を行える医師がいて、そして医療機関が存在しています。

エージェントがいます

海外で提供を受ける場合、様々なことをサポートしてくれるエージェントがいますので、頼ってみるといいかもしれません。エージェントの中には、日本不妊カウンセリング学会の資格を持っている人もいて、確かな知識の元サポートしてくれます。サポートに関してはサービス提供元により異なりますが、国内でのカウンセリング、そしてドナーの選定や医師の紹介などもして貰えます。現地での通訳や医療機関への送迎そして提供全後のクリニックとのやりとりなども、エージェントはサポートしてくれ、基本的に卵子提供に関することであれば任せることができます。

広告募集中