妊娠率というものがある

香典

大阪にも、不妊治療専門となるクリニックが開院しています。一般的な不妊治療のステップは、タイミング療法から始まり、人工授精や体外受精へと進みます。正確な排卵日の予測のために、超音波による卵胞の大きさやホルモン値を計測し、その後ご夫婦は、愛情表現に通ずるセックスを行います。不妊治療専門クリニックに相談するご夫婦の多くは、排卵日を特定するための行動・行為を早々と試していることの方が多く、人工授精から進んでいます。ちなみに、人工受精では精子を採取・選別してから排卵時期に合わせて子宮に入れる方法で、セックスはしません。また、人工授精での妊娠率についての情報として、1周期あたりの妊娠率は1割に満たず、累積妊娠率は6周期で約2割なのだそうです。ですから、ここを基準値におき、前向きに回数を重ねることで、ご懐妊される女性が沢山いらっしゃいます。

続けるためにセカンドオピニオンを活用

数珠

隣の芝生が青く見えることも、不妊治療では少なからずあるようです。大阪の不妊治療専門クリニックでも10年以上、時間やお金を含め、治療に費やすご夫婦の存在を挙げています。もちろん、妊娠するために利用するのですが、人工授精の妊娠率は年齢だけでなく、精液所見や卵巣機能が向上・低下しているかによって異なります。また、クリニックによっても実績は異なります。人工授精を何度行えばいいのか、目安を聞いてからスタートしましょう。5回ほど行っても妊娠しない場合、ステップアップすべきなのか、そうした判断は実績ある専門医にしかできません。せっかく時間やお金を費やすのであっても、夫婦に適している方法、適さない方法というのは必ずあります。誘発方法を何度試みても結果が見えないなら、やり方を変え、変化が出るかどうかを見るためにセカンドオピニオンを利用してみましょう。

妊婦になってからも通える

葬儀会場

ツラく、焦りが生じる声も聞かれる不妊治療ですが、大阪にも名医や実績ある専門クリニックがあります。ご懐妊となる報告も耳にしますが、不妊治療が終わるということにより、その場を後にせず、始まるということを考えなければなりません。一般的に、不妊治療は赤ちゃんができるまで通院する印象です。しかし、排卵日から14日、そして7週目には心拍が確認できれば、妊婦として産婦人科に転院します。しかし、それまでお世話になっていたクリニックに産婦人科があれば、そのまま通えるために、効率化が図れます。また、不妊治療ではツラく、焦りがあるため、ゆっくり休養を取ることも必要です。リラクゼーションできるテル級のもてなしとなる入院生活も送れます。もちろん、妊婦になってからも体調管理は大事ですから、マタニティヨガなどをクリニック内でも開催していますから、そうした総合科は十分に活用できそうです。

広告募集中